トヨタ・プリウスPHV《撮影 青山尚暉》

『プリウスPHV』と『プリウス』の”HV走行燃費”はPHVが31.6km/リットル、HVは30.4km/リットルだ(JC08モード)。

その差はわずかだが、もしプリウスPHVをHV走行だけで使うとしたら燃費差はどうなるのか? そんな疑問がわいてきた。理由はこうだ。もし、プリウスPHVを所有し、自宅に200V充電コンセントを設置しても、世の中、何があるか分からない。充電設備が故障することもあるだろうし、この先、計画停電がないとも言えない。トヨタディーラーや高速道路のSAにある充電設備をアテにしても、充電したいときに近くにあるか、使えるかどうかは分からない。

ちょっと意地悪だが、あらためてプリウスPHVとプリウスを借り出し、プリウスPHVを常時HVで走らせるテストを行った(どちらも15インチタイヤ装着車)。

走行距離300km。市街地50%、高速道路50%の行程で、ECOモード、気温29〜32度、エアコンは25度オート設定だ。

結果、プリウスPHVは26.7km/リットル、プリウスは20.1km/リットルだった。けっこう差があるな! というのが第一印象である。

本題はここから。重要なのはその理由だ。エンジン出力、モーター出力はまったく同じでプリウスPHVのほうが車重が60〜70kgも重い。これいかに? である。

考えられる理由はまずバッテリー&その容量の違い。プリウスPHVはより軽く高効率なリチウムイオンで21.5Ah、56個。プリウスはニッケル水素で6.5Ah、28個。プリウスPHVはHVモードに固定してもプリウス同様、EV走行をするシーンがある。その距離が長くなる理屈だ。そして回生能力も20%増しになる(PHVオーナーであるレスポンス編集長三浦も走行距離21.6km、平均車速28km/hの条件で30.9km/リットルを記録している)。

さらにプリウスPHVは全車の車体床下に空力向上を目的としたカバーが全グレードに備わり、プリウス用よりころがり抵抗に優れるタイヤが装着されている点も見逃せない。

以上が60〜70kgの車重増を克服し、HVモード固定でもプリウス以上の実燃費を記録した要因と推測できる。

上記の燃費データはあくまでテスト時に限定された結果だが、もしプリウスPHVが充電できず、EVモードをまったく使えなくても、プリウス同等以上の実燃費を発揮できることは間違いないだろう。加えて、ECOモード時の出足の加速感は同じアクセル開度でもプリウスPHVのほうがより力強くストレスフリーだったことも合わせて報告しておきたい。

それにしても、プリウスPHVのハイブリッドシステムインジケーターに表示される平均燃費の数値は、驚きだけでなく、精神的な癒やし効果があるとさえ思えた。実燃費で26km/リットルを超えるなんて、初期投資額はどうあれ、ほおがゆるむじゃないか。

トヨタ・プリウスPHV《撮影 青山尚暉》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 青山尚暉》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 青山尚暉》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 青山尚暉》 今回のテストでは、あえて充電は行わなかった。《撮影 青山尚暉》 インパネに奥行きがあり、フロント部分の車両感覚はつかみにくい。が、すぐ慣れる。《撮影 青山尚暉》 トヨタ・プリウスPHV《撮影 青山尚暉》 前後席はPHVだからといって狭くなったりしていない。《撮影 青山尚暉》