1934年型ランブルシート付きロードスター(モデル5802)と1937年型フェートン(モデル5859)

GMジャパンは、大恐慌時代のキャデラック『フリートウッド』が、カリフォルニアのカーメルで開催されたペブルビーチ・コンクール・デレガンスに出展したと発表した。

キャデラックの展示は8月16日から19日まで、ピーター・ヘイ・ヒルで一般公開された。最新のキャデラックとともに、歴史的価値のあるキャデラックV16フリートウッド・コンバーチブルが展示された。

1934年型ランブルシート付きロードスター(モデル5802)と1937年型フェートン(モデル5859)は、顧客が自らオプションを選んで仕様を決める、オーダーメイドのフリートウッド・コレクションモデル。

ただ当時、実際にこの豪勢なキャデラックを注文する人はいなかった。数十年後、著名なレストアラーとコーチビルダーであるフラン・ロクサスが、オリジナルの図面を基に白紙から、この2台を製作した。

V型16気筒エンジンを積む2台のキャデラックは、オークションで落札された。フェートン5859は96万2500ドル、ロードスター5802には100万1000ドルの値が付いた。

1950年から毎年開催されているペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、戦前・戦後の傑作車が一堂に会する世界で最も有名なクラシックカー・ショー。最近は世界中の自動車メーカーがコンセプトモデルをお披露目する舞台としても注目されている。