8月15日午前11時30分ごろ、東京都立川市内の国道20号を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と接触、さらにその後ろを走行していた三輪バイクと衝突する事故が起きた。この事故でバイクの運転者が死亡している。

警視庁・立川署によると、現場は立川市錦町6丁目付近で片側2車線の緩やかなカーブ。軽乗用車は左カーブ進行中に第1車線から第2車線へと車線変更したが、そのままの勢いで対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と接触し、さらに後ろから進行してきた三輪バイクと正面衝突した。

この事故でバイクを運転していた練馬区内に在住する54歳の男性が頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、約10時間後に死亡した。乗用車に乗っていた2人にケガはなかった。警察は軽乗用車を運転していた同市内に在住する49歳の女を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

調べに対して女は「助手席に置いていた水筒を取ろうとした際、脇見運転になったと思う」などと供述しているようだ。