TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》

8月12日まで北京で開催された、中国チューニングカー展示会 ALL in TUNING 2012。チューニングやカスタム製品はもちろん、インテリアや内装専門の業者もブースでデモカーを展示していた。

韓国のメーカーTOMATO AUTOはコンセプトカーからオフィス用品のデザインまで行うメーカーで、Deputy ManagerのAheng Yingai氏によると「30万元以上の高級車を対象とした、内装デザインを主に行なっています。韓国政府にも認められており、政府機関の自動車や飛行機の内装まで手がけています」と説明した。

「今展示会で、我々の製品の品質を見ていただいて、高級車をお持ちの方に製品をアピールしたいですね」と語り、外装の凹んだデモカー『ヒュンダイH1(グランドスタレックス)』へと乗り込んで行った。

Vitoという商品のデモカーにメルセデスベンツVクラスを使用《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 右フロントに接触痕のあるヒュンダイH1《撮影 山本一雄》 接触痕が痛々しいヒュンダイH1《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》 TOMATO AUTOブース《撮影 山本一雄》