東海大学チャレンジセンター「ライトパワープロジェクト」のソーラーカーチーム

ベクター・ジャパンは、東海大学チャレンジセンター「ライトパワープロジェクト」のソーラーカーチームに、測定/キャリブレーションツール「CANape」と車載データロガー「GL1000」を提供した。

同チームは、9月18日から28日まで、南アフリカで開催される「サウス・アフリカン・ソーラーチャレンジ 2012(ソーラーカー部門)」(SASC)に出場する。SASCは、2008年から隔年で開催されているソーラーカーなど代替燃料車の国際レースで、世界最長となる約5000kmのコースで争われる。同チームは第1回大会から2連覇を達成しており、今大会での3連覇を狙う。

CANapeは、CANデータ、センサー・電圧などのアナログ値、GPS、画像、音声などのデータを同期した状態で測定・解析が行える統合測定ツール。これにより実車で測定した際、CAN、映像、アナログ等のデータのログを同期して記録できるため、オフラインでの解析時に複数データを合わせ込む等の作業工数を大幅に削減する。

また、測定、解析だけでなく、CCP/XCP(キャリブレーションプロトコル)を使用し、ECU内部のRAM値を測定しながらパラメーターを変更することで、最適な値にキャリブレーションすることもできる。

GL1000は、CAN 2チャンネル、LIN 2チャンネル、アナログ 4チャンネルのログを同時に記録できる小型データロガー。スリープモード時の消費電力が非常に少なく、長時間のログ取得ができるほか、車両への取り付けが容易なため、車載テストやテスト車両のログの記録に適している。

サウス・アフリカン・ソーラーチャレンジ 2012 に出場する車両