トヨタ プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》

私の愛車はレクサス『IS250』。2012年の3月に『ボクスター986』から乗り換え、新車で購入。概ね気に入っている。ただし、マンションの駐車スペースはかなりキツめ。隣のクルマとの間隔がとても狭いため、バックモニターで入念に確認をしながら駐車している。

そして、今回お借りした『プリウスPHV』。最少回転半径がISよりも0.1m大きいにも関わらず、比較すると小さい車体のおかげか車庫入れがとても楽に感じるので嬉しい。

しかしながら、走り出してみるとこれがズシッと重い。人間でいえば腰に重りを巻いて走っているような感覚。「走りのインプレッションは特にいりませんから」とは言われていても50km/hを超えるあたりまでちょっとモサッとする走りで気になる。

しかし、高速で巡航できる速度に乗ってくると逆にISよりも安定しているのではないかという素晴らしさ。ただ、私はどうしても最初の走り出しのモサッと感が気になってしまう。都内の街乗り程度では高速走行することは少ない。走り出しはクルマに乗る限り、絶対に毎回あるもの。惜しい、プリウスPHV。

エクステリアデザインに関していえば、ISと同じくメッキグリルのガーニッシュが上質さを感じさせてくれるので、「エコカーエコカー」していなくてプラスポイント。

逆に残念なのが、ムーンルーフが選べないこと。私はボクスターというオープンカーに4年乗っていたし、今の愛車のISにもムーンルーフをオプションでつけて早朝ドライブ時には澄んだ空気とお日様の恵みを楽しんでいる。

なので、やはりムーンルーフはオプションでも選べたら嬉しいと思う。人によると思うが、エコカーだとしても(ソーラーパネルでなくていいから)ムーンルーフを選ばせて貰えればもっとエコカー生活をエンジョイできそう。これまたちょっと「惜しい」、プリウスPHV。

そして私は見栄っ張りなので、どうせ最先端のエコカーに乗っているんだから、PHVであることがもっと分かるようなデザインだったら…と。

現状はプリウスとの間違いさがしで、フロントのメッキグリルや右側にある充電ポートの違い位なのでは。あとは専用エンブレムくらいか。よく見るとドアハンドルはシルバーなので、ボディ同色のプリウスよりは洗練されて感じる。ただもっと「PHV」であるという主張があっていいと思う。内装も然り。「PHV」ならではの先進的なデザインの「何か」があれば嬉しかった。ほんと、「惜しい」と思う。

とはいえ、その「パッと見では違いが全然分からない謙虚さがいい!」という人もいる可能性があり、意見は分かれる所かもしれない。個人的にはカラーバリエーションを増やして、内装ももう少し個性があればEV走行距離が26.4kmというデメリットも相殺して「悩んでしまう」かも知れない。さらに充電設備等の「惜しい」部分が解決すれば、悩む理由がなくなるかも。今後に期待したい。

トヨタ プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》 トヨタ プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》 トヨタ プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》 トヨタ プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》 トヨタ プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》