今や電動バイクだらけな北京市内《撮影 山本一雄》

8月12日まで北京で開催された、中国チューニングカー展示会 ALL in TUNING 2012に取材へ赴いて感じたことは、電動バイクの多さであった。自分が出会ったバイクの8割が電動バイクであり、音なく街を駆け抜けていた。

自動車専用道路、自転車道路、歩道という構成が多かった北京市内。今や名物である大渋滞を避け、自転車用道路をヘルメット無しで走るバイクは確かに楽そうであり、自転車とバイクが同じような扱われ方をしているようだった。

現地のガイドによると、ここ2、3年で電動バイクは爆発的に増えたという。なぜかという質問に「とても安いんです。1000元(約1万2000円)で買えるものもあります。自転車より速いし楽ですし、環境に良いですよね」と語った。

また「燃料がいらないから、維持費も電気代だけ。家で充電するから、携帯電話と同じです。中国人は携帯もバイクも先進的なものを好むんです」という。光化学スモッグが酷く、汚染が深刻な北京の人なりの環境への配慮なのかと聞いたところ「もちろんみんな環境汚染は深刻だと考えています。でも電動バイクを買う理由にはなっていないと思います。一番はとにかく安いから」だそうだ。

北京市内では自動車道路、自転車道路、歩道という構成が多かった《撮影 山本一雄》 一般家庭の前には車と電動バイクが《撮影 山本一雄》 自転車もまだまだ多いが、子供や高齢者以外は安価で手に入る電動バイクの購入を考えるそうだ《撮影 山本一雄》 モペットタイプからビッグスクータータイプまで様々な電動バイクの形を確認した《撮影 山本一雄》 【北京チューニングショー12】リーズナブルで爆発的に増えている電動バイク《撮影 山本一雄》