13日午前8時ごろ、大分県豊後大野市内の市道で農業用トラクターが横転し、運転者とみられる男性が下敷きとなっているのを通行人が発見。警察に届け出た。男性はその場で死亡が確認されている。

大分県警・豊後大野署によると、現場は豊後大野市大野町付近。通行人から「道路で農業用のトラクターが横転し、人が下敷きになっているようだ」との通報が寄せられた。

これを受けた同署員が現場に急行したが、運転していた59歳の男性は心肺停止状態。後に死亡が確認された。トラクターは市道から分岐する私道から滑落したものとみられる。

私道は幅員約2m。市道脇の斜面にはトラクターのものとみられるタイヤ痕も残っていた。警察では死亡した男性が運転操作を誤ったことで路外に逸脱し、約3m下の市道まで滑落したものとみている。