JX日鉱日石エネルギーは、2013年1月から仙台製油所で、同年3月から下松事業所で、メガソーラー発電事業を開始すると発表した。

同社では「省エネ(省エネルギー)」「再エネ(再生エネルギー)」「自立(自立型エネルギー)」をキーワードとする「ENEOS創エネ事業」に取組んでおり、太陽光発電では、戸建住宅、集合住宅、公共・産業向けにシステムの販売を行なっている。

7月から再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行されたことから、今回、同社として初めてメガソーラー発電事業に参入する。

メガソーラーの発電出力は仙台製油所が1000kW、下松事業所が1750kW。

同社では、総合エネルギー企業として、電力会社向け電力卸供給事業や、一般企業向け電力小売事業を手がけているが、今後は今回のような自社遊休地を活用したメガソーラー発電事業にも積極的に取り組んでいく方針。

一方、仙台製油所はメガソーラー発電施設の設置で、大規模停電時、太陽光発電の自立運転によって電力を最大50kW提供するなど、地域に貢献できる設備の構築を目指す。

同時に、複数メーカーの太陽電池パネル使用による比較検証や、故障を早期発見する監視システムの導入・検証も行い、メガソーラーに関する技術・ノウハウの蓄積を図る。これによって、自社での発電事業に加えて、顧客へのメガソーラー事業の提案・システムの提供にも取り組む予定。