ソーラーフロンティア(イメージ)

ソーラーフロンティアは、同社のCIS薄膜太陽電池設計から製造に至るまでの品質管理体制が、「JETPVm(信頼性保証体制)認証(JIS Q 8901)」の認定を受けたと発表した。

JETPVm認証は、電気製品などの第三者認証機関である電気安全環境研究所が、太陽電池モジュールの長期信頼性と保証体制を認証するもので、太陽電池モジュールの性能と安全性試験規格への適合性を対象とした従来の認証に、今年6月からJIS Q 8901に基づく信頼性保証体制の認証が新たに追加された。今回のソーラーフロンティアに対する認証はその第1号となる。

同認証は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が今年7月に始まることに合わせて新たにつくられた制度で、太陽光発電システムの品質保証に関する日本工業規格(JIS)に基づいている。電気安全環境研究所は、太陽電池モジュールの設計、製造と性能保証に関するサービス運営の信頼性を調査、審査したうえで認証する。ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は7月に電気安全環境研究所に申請を行い、8月9日に正式にJETPVm認証を受けた。

昭和シェルの子会社、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュール(参考画像)