13日午後0時45分ごろ、神奈川県横浜市西区内の国道16号で、交通違反の取締りを受けた36歳の男が、取締りを行った白バイ隊員に暴行を加える事件が起きた。警察はこの男を公務執行妨害などの容疑で逮捕している。

神奈川県警・戸部署によると、同署の交通課に所属する38歳の巡査部長が白バイで横浜市西区内のパトロールを行っていたところ、速度超過状態で走行するバイクを発見。停止を命じたが、バイクはこれを無視して逃走した。

追跡する巡査部長は約2km離れた横浜市西区桜木町付近の国道16号でバイクを強制抑止。運転していた男に職務質問しようとしたところ、男がいきなり巡査部長の背中を蹴るなどの暴行を加えてきたという。男はこの後もプロレス技を掛けるなどして暴れたが、最終的には押さえ込まれ、公務執行妨害や傷害の現行犯で逮捕されている。

逮捕されたのは旭区内に在住する36歳の男で、調べに対して男は「暴れていない」などと供述。暴行については否認しているようだ。