「グランツーリスモ6」について語ったプロデューサー山内一典氏

プレイステーション用ゲームソフト「グランツーリスモシリーズ」の最新作となる『グランツーリスモ6』について、同ゲームのプロデューサー山内一典氏は「鋭意製作中」と語り、次回作に向け開発が進んでいることを明かした。

これは、8月11日に開催されたグランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する大会、「アジアチャンピオンシップ 2012」の中で行なわれたトークショーで山内氏が語ったもので、山内氏は「うっかり、いつ発売とか言っちゃうと、“また遅れた”とか言われちゃうので、もう言わない!」と発売時期に関しては明言を控えた。

今回開催された「アジアチャンピオンシップ 2012」では、参加者のほとんどが10代であったことに山内氏は「日本のスポーツカーのファンが高齢化しているなか、グランツーリスモ5をリリースしてからずいぶんと世代交代がおこっていて、このような若い方に遊んで頂いて驚いています」と、驚きのコメントを残していた。

グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」 グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」 グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」 GTアカデミーの欧州初代チャンピオン、ルーカス・オルドネス選手がスペインから駆けつけた GTアカデミーの欧州初代チャンピオン、ルーカス・オルドネス選手がスペインから駆けつけた グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」