ロス・ブラウン(参考画像)

メルセデスAMGが2013年シーズンの終わりにF1活動の一部縮小を検討しているようだ。

シュツットガルトの本社は新コンコルド協定改定案にまだ同意しておらず、2014年には、セミオフィシャルの1チームだけを送り込む可能性があるという。その場合でも現在マクラーレンやフォースインディアに供給しているメルセデスのカスタマーエンジン事業は継続するだろう。

セミオフィシャルチームの名称として、メルセデスの「ハイパフォーマンス事業部」の名称をとった「AMG F1」という大胆な推測をする予想もある。現在、メルセデスAMGを名乗るブラックリーのF1チームが、名称をAMG F1に変更してもロス・ブラウンの支配体制は変わらず、ドライバーもミハエル・シューマッハが残留するという観測同時になされている。

メルセデス本体は、以後F1チームの保有と直接経営からは撤退し、エンジニアリングに専念するということだ。

2014年のF1エンジンサプライヤーはメルセデスとルノー、フェラーリの3社となる可能性が高く、一社が担当するカスタマーチームも増える計算になる。

こうした噂が出てきた背景には、F1興行のドン、バーニー・エクレストンを巻き込んだゲルハルト・グリブコフスキー事件が関連しているというが、直接的には2010年にフル参戦して以降の成績不振が大きく影響しているのではないだろうか。

バーニー・エクレストン(参考画像)