12日午前7時50分ごろ、栃木県足利市内の北関東自動車道の東行きで、トンネル内を走行していた大型トラック同士が追突。隣の車線に押し出されたトラックを目撃して急停止した乗用車にも別のクルマが追突するなど、車両4台が関係する多重衝突に発展した。

栃木県警・高速隊によると、現場は足利市月谷町付近で片側2車線の直線区間。北郷トンネル(全長690m)内の第1車線を走行していた大型トラックに対し、後ろから進行してきた別の大型トラックが追突。被追突側のトラックが第2車線に逸脱したため、これを避けようと急ブレーキを掛けた第2車線の乗用車に対しても、後続の別の乗用車が追突。車両4台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で被追突側のトラックを運転していた佐野市内に在住する31歳の男性と、追突側のトラックを運転していた新潟県新潟市内に在住する44歳の男性が打撲などの軽傷。乗用車も中破したが、双方の乗員にケガはなかった。

警察では追突側の前方不注視が事故の主因とみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。