12日午前5時40分ごろ、愛知県小牧市内の東名高速道路下り線で、路肩に停車したワゴン車から降車した42歳の男性が、後ろから進行してきた大型トラックにはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡している。

愛知県警・高速隊によると、現場は小牧市村中付近で片側2車線の直線区間。ワゴン車は道路左側の路肩に停止。運転していた春日井市内に在住する42歳の男性が降車し、後部右側のスライドドアを開けて車内の点検をしていたところ、後ろから進行し、側方を通過した大型トラックにはねられた。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。ワゴン車の同乗者3人にケガはなかった。警察はトラックを運転していた香川県高松市内に在住する42歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

死亡した男性は、同乗者から「車内にムカデがいる」と告げられ、これを車外に出そうと車内点検していたものとみられる。