フィルム貼り付けの実演《撮影:山本一雄》

8月12日まで北京で開催された、中国チューニングカー展示会 ALL in TUNING 2012。会場には様々なアフターパーツ業者も参加し自慢のパーツ類を展示していた。

アフターパーツを扱う業者に、現在の中国人が持つ改造への悪いイメージ(純正に見えないことは粗悪なコピー品や偽物のイメージ)をどのように捉えているのか、直接聞いてみた。

欧州車を中心にカスタムヘッドライトを取り扱う、AZOZA INTERNATIONALのTomas Kao氏は「若い人を中心に、カスタムやチューニングに関する中国人の認識は変わってきています。特にカスタムで個性を演出したい人は価格に関係なく、パーツを購入しますし、特注オーダーが入ります。興味ある方たちにとって車検は関係ないですね、問題なく通しているようです」と語り、商売の規模が拡大しつつある現状を好意的に見ていた。

そして、ペイントカスタムを中心に行うDSYASのプロジェクトマネージャー リュウ ペイドゥン氏は「カラーカスタムを行おうとする人は若い人が中心です。彼らで価格を気にするような人はあまりいません。最近ではメディアなどで改造がメジャーになりつつあるので、今後はもっと忙しくなるでしょうね」と、現場目線では、カスタムやチューニングに関する意識が変わりつつあることに喜びを感じている様子だった。

ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 同敷地内で、キャンピングカー展示も行なっていたためか、キャンプ用品の展示も多かった。《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 中国のレーダー探知機《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 AZOZA INTERNATIONAL Tomas Kao氏《撮影:山本一雄》 AZOZA INTERNATIONALでは様々な車用のライトを揃えているという《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 DSYAS プロジェクトマネージャー リュウ ペイドゥン氏《撮影:山本一雄》 中国では、マットブラックが定番色だという《撮影:山本一雄》 4年前はマジョーラカラー、昨年まではマットカラー、今年はキャンディーカラーが人気《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 目がギラギラしてくるボディステッカー《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 怪しいステッカーはさすが中国というものばかり《撮影:山本一雄》 怪しいステッカーはさすが中国というものばかり《撮影:山本一雄》 怪しいステッカーはさすが中国というものばかり《撮影:山本一雄》 セグウェイのコピー品も。2時間充電で40km走行可という事だが、本家セグウェイが充電8時間であることに比べると、かなり信憑性は薄い《撮影:山本一雄》 ALL in TUNING 2012《撮影:山本一雄》 版権が気になるボディステッカー《撮影:山本一雄》