新型ホンダ・シビック(北米仕様)

全体相場は小幅続落。

夏季休暇で市場参加者が減少し、新規の手掛かり材料も見当たらない状況。個別材料株が物色される展開となり、前週末の終値を挟むもみ合いとなった。

4-6月期のGDP(国内総生産)は市場予想を下回ったが、前週末は米国市場が上昇したことから下値も限定的。平均株価は前週末比6円29銭安の8885円15銭と小幅続落。東証1部の出来高は10億9917万株、売買代金は6144億円と今年最低の水準にとどまった。

自動車株は高安まちまち。

ホンダが14円高の2512円と反発。

スズキが1円高の1499円、富士重工1円高の626円と小じっかり。

一方、トヨタ自動車が5円安の3165円と小幅ながら続落。

日産自動車も2円安の771円と続落。

いすゞ、マツダ、日野自動車がさえない。

こうした中、三菱自動車が76円で変わらず。

新型ホンダ アコード(日本名:インスパイア)