ホンダ シビック 新型 欧州専用モデル《撮影 宮崎壮人》

日本市場ではモデル廃止されたものの、欧米ではホンダの主力車種に位置付けられる『シビック』。このシビックの5ドアハッチバック車が、将来北米市場へ投入される可能性が出てきた。

これは8月8日、米国ミシガン州で開催された自動車関連のセミナーにおいて、ホンダR&Dアメリカズ(HRA)のエリック・バークマン社長が明らかにしたもの。同社長は2012年6月、米国人として初めて、ホンダの北米開発部門のトップに就任した人物だ。

同社長は、「2016年ごろ、次期シビックを発表する。その際には、北米市場へ5ドアハッチバックの導入を検討している」と述べたのだ。

現在、欧州と北米では、異なるシビックを販売。欧州は5ドアハッチバック、北米は4ドアセダンと2ドアクーペだ。次期シビックでは、北米にも5ドアハッチバックが用意される可能性が出てきたことになる。

ただし、次期シビックでは、欧州向けと北米向けで、それぞれ専用の5ドアハッチバックが開発される見込み。これは欧州と北米のユーザーの嗜好が、大きく異なるのを反映したものだ。

新型ホンダ・シビック(北米仕様)