マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュ

2014年に実施されるV6ターボエンジンの導入が近づくにつれて、当初のエンジン供給体制が整わない可能性や、一部チームが高額なエンジン代金を調達できない可能性などが指摘されている。そこで浮上したのが新型V6ターボと現行V8の間にハンディキャップを設けて混走を認めるレギュレーション案だが、マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュは2014年は魅力的なシーズンでなくする危険性を主張している。

「非現実的なアイデアとまでは思わないが、F1の魅力は損なうことになるだろう。F1は過去に異種エンジンによる混走レースを経験している。ターボと自然吸気が混在した1988年のことだ。正直、トップフォーミュラのあるべき姿ではなかったよね」

仮にV8の継続使用を認めるなら、V6をやや優遇するようにルールで調整すべきというのがウィットマーシュの見解だ。

「もしもやるのであれば、新しく作る方のターボエンジンがNAより有利になるように工夫すべきだが、そうなるとフォーミュラは事実上の二層構造となり、レースとしての楽しみは損なわれるだろう」

前回F1エンジンのレギュレーションが大幅変更されれた2006年には、トーロロッソに対して既存V10エンジンの性能制限版の使用が許され、残りのチームは新型V8に予定通り換装した実例がある。

マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュ マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュ マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュ