グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定

8月11日、PS3用ソフト「グランツーリスモ」のアジア最速ドライバーを決定する「GTアカデミー2012」決勝戦が開催された。

当日は、横浜の日産グローバル本社ギャラリーに「GTアカデミー2012」の日本やアジア諸国のランキング上位者などのほか、欧州版「GTアカデミー」初代ウィナーのルーカス・オルドネス氏とグランツーリスモのプロデューサー山内一典氏が登場。決勝大会には、日本、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、インドネシアで開催された「GTアカデミー2012」最終ラウンドのランキング上位者15名と、マレーシアで開催された「GT 5 Asia Online Tournament 2012 Super GT Cup」の優勝者、合計16名が出場。熱戦の末、アジア最速のドライバーが決定した。

参加者を前にしたプロデューサーの山内一典氏は「10代の方がほとんどなんですよね。グランツーリスモのファンって高齢化していたんじゃないかと思っていたんですが、グランツーリスモ5がリリースされてからずいぶんと世代交代がおこっていて、このような若い人が参加することに本当に驚きました」とコメントした。

予選では、Tokyo R246のコースで行なわれたタイムアタックで上位8名が決勝ラウンドに進出、3つのコースで競われた決勝レースではポイント制により優勝者が決定した。

決勝レースで27ポイントを獲得したK.Yamada選手(日本)が見事優勝。2位は22ポイントを獲得したT.Kawajiri(日本)選手、ステアリングタイプではなく、通常のコントローラーでの参戦であった。3位はインドネシアから参戦したANDIKA RAMA Maulana選手が17ポイントを獲得した。

優勝したT.Yamada選手は「素直に嬉しいです。最初の予選前の意気込みの通り勝つことしか頭にありませんでした。皆さんクリーンで僕が一番荒かったかなとちょっと反省しなければならない部分もありますが、楽しいバトルでした」とコメント。

山内氏は「ビデオゲームというのはそれを遊んでいらっしゃる人がいて初めて生き生きするものなんですね。今回初めてアジア全域からトップドライバーに集まって頂いて、凄いってことは十分解っていたのですが僕の想像を超えて凄いプレーを見せて頂きました。日本のプレーヤーのレベルの高さは以前から解っていたのですが、凄くクリーンなレースが展開され、ちょっとありそうにないことを見てしまって感動しております」と感想を語った。


予選通過者
●コース:Tokyo R246
●クルマ:370Z(GT Academy)'08
●タイヤ:コンフォートソフト

1位:2:02:589 ANDIKA RAMA Maulana(インドネシア)
2位:2:02:658 T.Takahashi(日本)
3位:2:02:742 K.Yamada(日本)
4位:2:02:954 NATHAKUNJORN Sachai(タイ)
5位:2:03:486 S.Yoshida(日本)
6位:2:03:492 T.Yamanaka(日本)
7位:2:03:823 T.Kawajiri(日本)
8位:2:03:978 Singi CHOI(韓国)


●決勝結果
1位:K.Yamada(日本)27ポイント
2位:T.Kawajiri(日本)22ポイント
3位:ANDIKA RAMA Maulana(インドネシア)17ポイント
4位:NATHAKUNJORN Sachai(タイ)14ポイント
5位:S.Yoshida(日本)12ポイント
6位:T.Takahashi(日本)11ポイント
7位:T.Yamanaka(日本)8ポイント
8位:Singi CHOI(韓国)3ポイント

グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定 グランツーリスモ、アジア最速ドライバーが決定