増岡浩選手のi-MiEV Evolution

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、明日12日の決勝レースを前にマシンの最終チェックを行う「セットアップデー」を迎えた。予選を兼ねた練習走行初日にまさかのコースアウトを喫し、フロント部分に大ダメージを受けた増岡浩選手のi-MiEV Evolutionも修理を終え、万全の体制で明日の決勝に挑む。

増岡選手が初日のローワーセクション・セッションで“嵌まった”のは毎年コースアウトが頻発する難所、通称「エンジニアリング・コーナー」。

このアクシデントで自らのマシンのフロント部分を大破してしまった増岡選手は、練習走行の残り2日間はチームメイトのベッキー・ゴードンの「ミツビシi(北米仕様のi-MiEV)」で練習走行を重ね、その間チームはまさに不眠不休の体制でマシンの修復作業にあたった。そして決勝前日の今日、ようやく修理が完了。最終チェックのため、事前テストも行ったPPIR(パイクスピーク・インターナショナル・レースウェイ)で再度のシェイクダウンを行った。

マシンの具体的な破損箇所はトーボードより前のフレームでサスペンションパーツやモーター、バッテリーといった重要パーツが無傷だったのが不幸中の幸いだった。現地コロラドでミツビシチームのサポートをしている工房「クラーク・メタル&スピード」は1ミリ以下の緻密な正確さを要求されるサスペンション取り付け部分を含め、フロント周りのフレームを一から作り直した。

そして日本から緊急空輸されたギアボックスが組み付けられ、スペアパーツとして用意されていた真新しいフロントカウルが装着された。大会初日の状態に戻ったi-MiEV Evolutionに搭乗した増岡選手は、ステアリングやブレーキの利き具合などを1時間近くに渡り念入りにチェック。問題が無いことが確認されたマシンは、明日の決勝に向け、再びトランスポーターに積み込まれた。

増岡選手がエントリーするEVクラスは、昨年は全カテゴリーの中で序盤の走行順だったが、今年は87台のオートバイクラス、5台のエキジビションクラス、15台のヴィンテージクラスに続くレース後半のスタートだ。全面舗装となって初めてとなる今年のレース。増岡選手はEVクラス7台中予選4番手から、標高4300m、雲の上にあるゴールを目指す。

増岡浩選手のコメントは以下の通り。

チームメンバーをはじめ皆様にご心配とご迷惑をお掛けしましたが、お陰様で実質3日半掛け、マシンを修復することができました。今日の最終テストの結果、クラッシュ以前の状態で走れることも確認できました。苦労をかけたチームメンバーには結果をもって恩返ししたいと思います。プロジェクトとしてはパイクスピークでのデータ収集が最大の目的なので、明日の決勝ではまずゴールまで走り切ることを念頭に置いて挑みたいと思います。モーターとバッテリーは量産車のものなので全く心配することなく最後までアクセルを踏んでゆけます。運転に集中出来てゴールをすれば、自ずと結果は付いてくるはず。最後まで諦めることなく走り切ります。

増岡浩選手のi-MiEV Evolution 増岡浩選手のi-MiEV Evolution 増岡浩選手のi-MiEV Evolution 増岡浩選手のi-MiEV Evolution 増岡浩選手のi-MiEV Evolution