累計生産台数100万台達成記念式典

ホンダのブラジルにおける四輪車生産販売会社、ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ(HAB)は、1997年の生産開始以来、四輪車の生産累計が100万台に達したと発表した。

HABは1997年にシビックの生産を開始し、当時は従業員数400人、日産20台でスタートした。現在ではシビック、フィット、シティの3機種を生産し、従業員数は約3300人へと拡大。それぞれの生産累計は、シビックが約47万台、フィットが約42万台、シティが約11万台で、生産開始以来15年目での100万台達成となった。

今年1月に発売した新型シビックは、中型セダンセグメントで5月と6月に首位を獲得し、今年の上半期の販売実績は約2万7000台と前年同期比で76%増と好調に推移している。

8月7日に行われた100万台達成の記念式典で、HABの武田川雅博社長は「100万台を達成できたのは、ホンダ車が顧客から高い評価を得ている証であり、大変誇りに思っている」と挨拶した。

ブラジルなどで販売される シティ