三菱ふそう キャンターE-CELL

富士経済は、今年2月から5月にかけて世界の低速電気自動車(LEV)と電動トラック・バスの現状を調査、その将来予測を発表した。

LEVの世界市場は2011年が337億円。2020年には2.6倍の880億円となると予測している。中国では、山東省がLEVの普及モデル地域に指定されており、生産・販売ともに急成長が続いている。今後も中国を中心に市場は拡大すると見ている。

電動トラック・バスの世界市場は2011年が451億円。現在は、HVトラック・バスが中心となっているが、2015年以降は、各社の開発の効果や充電インフラの普及により、EVやPHVのトラック・バスも本格的な普及期に入ると見ている。日欧米から新興国へと市場は拡大し、2020年には4.2倍の1900億円となると予測している。

羽村市内を走行するEVバス《撮影 石田真一》