シボレー・ボルト用の充電器

EVが走行するのに欠かせないのが充電ステーション。この充電ステーションが近い将来、北米で飛躍的に増えるとの予測がまとまった。

これは米国の調査会社、FROST&SULLIVANが公表したもの。同社の予想によると、2017年までに、北米における充電ステーションの拠点数は、410万か所まで増える見通しだという。

現在、米国内には約1万の充電ステーションがある。これは一般家庭や企業所有の充電装置は含まない、公共充電ステーションの数だ。5年後には、個人や企業所有分も含めて、カナダとメキシコを含む北米で、この充電ステーションが飛躍的に増えるとの予測である。

同社は410万か所のうち、全体の87%にあたる350万か所は、個人の住宅に設置される充電装置になると予想。これはEVの多くが、夜間に充電を行うためだという。

米国オバマ政権は2012年3月、2022年までに、米国企業が世界に通用する5名乗りの普及価格EVを量産できる体制を整えることを柱とした「EV-Everywhere」プランを発表。EVの普及に伴って、北米では各家庭に充電設備が当たり前の時代が到来しそうだ。

充電中の日産リーフ(参考画像)