8月6日午前11時10分ごろ、青森県十和田市内の県道で、徒歩で横断歩道を渡っていた85歳の女性に対し、交差点を右折進行してきた大型トラックが衝突する事故が起きた。女性は収容先の病院で死亡している。

青森県警・十和田署によると、現場は十和田市穂並町付近で片側1車線。交差点には横断歩道と信号機が設置されている。85歳の女性は青信号に従い、徒歩で横断歩道を横断していたが、交差点を右折進行してきた大型トラックにはねられた。

女性は頭部を強打。ドクターヘリで八戸市内の病院へ搬送されたが、約3時間後に死亡した。警察ではトラックを運転していたおいらせ町内に在住する55歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

事故当時はトラック側も青信号。調べに対して男性は「交差点を曲がったところで初めて女性に気がついた」などと供述しているようだ。警察では進路の安全確認が不十分だったものとみている。