ザウバー(2012年 ハンガリーGP)

ザウバーCEOのモニシャ・カルテンボーンは、F1エンジンが1.6リットルV6ターボに切り替わる2014年以降も、フェラーリエンジンの搭載を念頭に置いていると語った。

カルテンボーンによれば、エンジン規定の変更が現体制の変化を引き起こす可能性が高いが、一番最初はフェラーリとエンジン供給契約の延長を話し合うのが筋道だと語る。一方で経済面の条件は、もっとも重要なファクターになるということだ。

「2014年のことは何も決まっていませんが、まず一番最初は最も実績のある今のエンジンサプライヤーと交渉するのが自然でしょう。ただ現時点ではあらゆる可能性が残っています。フェラーリですらまだ未知の部分が多いですから。もう少し時間が必要でしょう。カスタマーチームならどこも同じですが、ザウバーにとって経済的な条件はとても重要です。エンジン代金が大きな負担だった時代に戻りたいとは思いませんよ」

「いずれエンジンサプライヤーの方から条件が示されるでしょうから、カスタマー側はバランスの良い提案を、サプライヤー側は開発コストを分散する方法を探ることになるでしょう」

噂されているVWとの包括提携についてカルテンボーンは否定した。

「確かに呼ばれたので会談はしました。ジュネーブで話し合いをしたことは認めますが、それ以上は申し上げることはありませんし、今後は話し合いもないでしょう」

「ザウバーが戦力を強化する上で強力なパートナーの存在は重要ですが、必要なのは本当に強力なパートナーです。でもVWとの会談はあれで終わりです」

2013年のドライバーラインナップについては、現行の2人以外に関心がないということだ。

「ザウバーのドライバー契約は常に単年度です。今年の結論は急ぎません。今すぐに何かが決まることはありません。昨年の冬から2人のドライバーは開発に大きく協力してくれました。おそらく今年の終わりも同じように劇的な変化はなく続くでしょう。全てを最初からやり直す必要はありませんから」

ザウバー(参考画像) ザウバー、モニシャ・カルテンボーンCEO 小林可夢偉・ザウバー(F1 ヨーロッパGP 2012) ザウバー・小林可夢偉(F1 モナコGP 2012) ザウバー・小林可夢偉(F1 モナコGP 2012)