新型ホンダ アコード(日本名:インスパイア)

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは8月8日、新型『アコード』(日本名:『インスパイア』)のスタイリングを初公開した。

ホンダは2012年1月、デトロイトモーターショー12において、『アコードクーペコンセプト』をワールドプレミア。今回は、その市販版がベールを脱いだ。コンセプトカーとは異なり、主力の4ドアセダンの姿が明らかになっている。

新型のデザインで重視されたのが、洗練さ。新型は9世代目となるが、歴代アコードで最も彫刻的なフォルムが追求された。室内スペースの拡大や、高級感の引き上げも図られている。

また、ボディサイズに関しては、全長を現行モデルよりも若干コンパクト化。エアロダイナミクス性能にも磨きをかけた。ホンダによると、燃費性能の向上に大きな効果を発揮しているという。

パワートレーンに関しては、未公表。デトロイトモーターショーの時点では、アースドリーム技術を導入した新開発の直噴2.4リットル直列4気筒DOHCガソリン「i-VTEC」エンジン(最大出力181ps、最大トルク24.5kgm)を搭載。新開発のCVTと組み合せられることがアナウンスされている。

新型アコードは2013年モデルとして今秋、米国で発売される予定。アコードは米国における最量販車だけに、ホンダは新型の販売に力を入れる方針だ。

新型ホンダ アコード(日本名:インスパイア)