三菱・ミラージュ

三菱自動車から発表された、新グローバルコンパクト『ミラージュ』は、自動車としての基本的なプロポーションやスタンスを重視してデザインされた。

「日本では自動車離れと言われて久しく、クルマ本来のプロポーションやスタンスが求められなくなってきています」というのは、同社デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の中神秀泰さん。「若い人たちは特にそうで、箱(ミニバン)が良いなど、これまでとは違うものを志向されていますが、新興国やヨーロッパでは、クルマは走るものとしての基本形があると考えられていますので、そこをしっかりデザインしました」と話す。

具体的には、「タイヤとピラーの関係や、フードとキャビンの関係です」といい、「先進性を表現するために、ワンモーションという形がありますが、そうではなく、タイヤはクルマの基本、そこから色々な造形が生まれるという考えで、Aピラーの延長線上にタイヤがかかるようにしています」。因みに中神さんは、「ワンモーションにしてしまうとタイヤにかからずに、すっぽ抜けてしまう」と笑う。

フードとキャビンに関しても、「きちんと鼻があってそれにキャビンがつながっていくデザイです。エンジンルームとキャビン、それぞれがきちんとわかりやすくなっていなければならないと考えたのです」と述べた。

最後に中神さんは、「ぱっと見はオーソドックスです。小細工をして人の目を惹くのではなく、奇をてらわないしっかりとしたデザインにしました」と語った。

三菱・ミラージュ 三菱・ミラージュ 三菱・ミラージュ《撮影 内田千鶴子》 三菱・ミラージュ《撮影 内田俊一》 三菱・ミラージュ《撮影 内田俊一》