東武鉄道(イメージ)《撮影 大野雅人》

東武鉄道は8月8日、東上線(池袋〜寄居間)の上福岡き電区分所に回生電力貯蔵装置を導入し供用を開始。電車のブレーキ時に発生する回生電力を同所に一時貯蔵(充電)し、その電力を再び電車の加速時に使用(放電)するというもので、同社線内では初の試みとなる。

同装置は、電車がブレーキをかけた際に発生する回生エネルギーを、上福岡駅構内に設置したリチウムイオン電池(容量1800kW)に充電。貯蔵した電力を電車の加速時に必要となるエネルギーとして供給するというもの。製造元は、制御部が東洋電機、電池部がGSユアサ。

これまで、回生電力は架線に流され、ほかの列車の起動時にそのエネルギーが使用されてきたが、省エネ車両の普及とこうした充放電システムの導入などで、さらに、架線の電圧を安定させられるなどの効果が期待される。

同様の装置の導入は、大阪市交通局・東急電鉄・東京モノレール・JR東日本でも始まっている。こちらの装置は、大型ニッケル水素2次電池を架線に直結するタイプ(川崎重工製)で、小型・低コスト・ロス低減などの効果も期待されている。

東武鉄道 電力貯蔵装置(イメージ) 大阪市交通局(イメージ)《撮影 大野雅人》 東急電鉄(イメージ)《撮影 大野雅人》 東京モノレール(イメージ)《撮影 大野雅人》 JR東日本(イメージ)《撮影 大野雅人》