三菱・ミラージュ

三菱自動車から間もなく発売される、新型『ミラージュ』のデザインコンセプトは“ファンクショナルビューティ”である。

「機能に則った美しさ。そこに楽しくなるような感性価値というものをプラスしたものです」と話すのは、同社デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の中神秀泰さん。特にカラーにこのことが表れているという。

中神さんは、「機能面に特化してデザインをすると、単なる道具でつまらないクルマになってしまいます」と述べる。そこで、「今回は女性が大きなキーワードですので、女性にいろいろ話を聞くと、形はもちろん大事だが、それ以上にボディ色が重要だというのです」。そして、「とにかく色で自分たちが乗るようなクルマかどうかを判断しているのです」と話す。

また、「コンパクトなクルマでは、カラフルで楽しい色はどこの国でも求められているので、とにかく色は今回力を入れました」と中神さん。「三菱はいままで地味な色が多かったので、とにかく明るく楽しい色にしようとしました」と笑う。

そこで、ボディに関しても、「単なる道具からもう少し何か表現したいと、カラフルな色が映えるような断面の作り方など、色と、色をきれいに見せるように感性価値をプラスしました」。

その結果、「サイドのプレスラインまわりでも、ハイライトのあたるところはしっかりあてて、影を落とすところは落として、全体にリッチな面抑揚を持たせました。三菱車は割とプレーンでシャープなクルマが多いのですが、それでは楽しい色という、色のアピールが難しいと思ったので、デザイナーとカラーリストが一緒になってクレイモデルで、陰影を見ながらチェックしました」と語った。

三菱・ミラージュ《撮影 内田俊一》 三菱・ミラージュ《撮影 内田俊一》 三菱・ミラージュ《撮影 内田千鶴子》 三菱・ミラージュ《撮影 内田千鶴子》 三菱・ミラージュ《撮影 内田千鶴子》