ダッジが2013年シーズンのNASCARに投入する予定だったチャージャーのNASCAR仕様

米国で最も人気の高いモータースポーツ、NASCAR。このNASCARから、クライスラーグループのダッジブランドが撤退することが判明した。

これは8月7日、クライスラーグループのモータースポーツ部門、SRTモータースポーツが発表したもの。2012年シーズンをもって、ダッジがNASCARから撤退することがアナウンスされたのだ。

NASCAR撤退の大きな理由が、ダッジのマシンで戦うチームの減少だ。NASCARの最高峰、「スプリントカップシリーズ」では2011年、ダッジの主要2チームが、マシンをシボレー、フォードにそれぞれ変更。2012年3月には、ペンスキーレーシングが2013年シーズンから、マシンをフォードにスイッチすると発表していた。

SRTモータースポーツのラルフ・ギレス社長兼CEOは、「チームが減少した現在、我々の高い基準を満たした上でのNASCAR参戦は困難になった。自信を持ってレースを戦えない以上、NASCARから撤退するしかない」とコメントしている。