メルセデスベンツ・Gクラス《撮影 内田千鶴子》

メルセデス・ベンツ日本から、大幅な変更が行われた新型『Gクラス』の発売が開始された。

「インテリアは、ダッシュボード周りが新設計になっています」と述べるのは、同社商品企画・マーケティング部商品企画1課の江上浩史さん。「そこに、COMANDシステムや、安全装備をうまく融合させて取り込んだことが大きな変更点です」と話す。

インテリアを変更するにあたって、「GクラスはGクラスであるべきだというユーザーが世界中にいますので、その基本的な構造やアイデンティティは残しつつ、最新のメルセデスデザインを融合させるところが非常に難しかった」と江上さん。その、基本的なアイデンティティとは、アシストグリップなどを指すという。そしてもうひとつこだわったのがサイドブレーキだ。「SUV、クロスオーバーはサイドブレーキであるべきだという開発側の強い要望がありましたので、この部分は残しました。最新のモデルであれば、フットブレーキタイプや、電子制御ブレーキになりますから」とした。

また、今回のダッシュボードやシート形状の変更に伴い、素材の見直しも行われた。「もともと大変上質な素材をふんだんに使ってはいましたが、より高級に、よりエクスクルーシブなものにしました」と語った。

メルセデスベンツ・Gクラス《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・Gクラス《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・Gクラス《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツ・Gクラス《撮影 内田千鶴子》 メルセデスベンツ・Gクラス《撮影 内田俊一》