日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー

2013年から米国ニューヨークのタクシー、「イエローキャブ」に起用される日産『NV200』(日本名『NV200バネット』)。同車に今度は、英国の「ロンドンタクシー」仕様が開発され、その概要が公表された。

これは8月6日、日産自動車が発表したもの。NV200をベースにした『NV200 ロンドンタクシー』が、2013年から、ロンドン市内で実証実験を行うことがアナウンスされている。

米国イエローキャブ仕様のNV200との最大の違いは、パワートレーン。イエローキャブではガソリンエンジンを積むが、ロンドンタクシー仕様は、EVとディーゼルエンジン搭載車の2種類が用意された。

EV版は『リーフ』のシステムを載せた『e-NV200』がベース。ディーゼル版は、1.5リットル直列4気筒ターボ「dCi」で、最大出力は89ps、最大トルクは24.5kgmだ。現行のロンドンタクシーに比べて、大幅なCO2排出量の削減を可能にするという。

NV200ロンドンタクシーは、大人5名が快適に乗車できる空間を追求。後部座席には3名が乗車でき、その後部座席に対面して座れる、折りたたみ式の座席を2席用意。助手席は取り外されており、荷物スペースとして使われる。

ボリス・ジョンソン ロンドン市長は、「ロンドンが直面する最も重要な課題のひとつが、大気の改善。各社が大気改善のために、タクシー交通における排ガス低減や効率改善に尽力してくれることを、非常に心強く、うれしく思う」と語っている。

日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー 日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー 日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー 日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー 日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー 日産 NV200(日本名:NV200バネット)のロンドンタクシー