フィンランドラリーを制したローブ

シトロエンのセバスチャン・ローブがチームメート、ミッコ・ヒルボネンの後半の追い上げを退けてラリー・フィンランドに優勝した。ローブのフィンランド勝利は3度目、2012年WRCシーズンだけでも6勝目となる。

最終ステージの2回の走行はヒルボネンが最速となり、ローブのリードは6.1秒に縮小した。ヒルボネンはこのステージでボーナスポイントを手に入れたが、優勝は逃した。ローブはWRCタイトル9連覇に向けてまた一歩ポジションを進めたことになる。

ラリー・フィンランドではシトロエンが圧倒的なペースを見せる一方で、フォードの追撃は鋭さを欠き、ほぼ全体をローブとヒルボネンがリード。ラトバラは、トップとのタイム差35秒、チームメートのソルベルグを21秒リードし母国ラリー3位に入った。


1: ローブ(シトロエン) 2:28'11.4
2: ヒルボネン(シトロエン) +6.1
3: ラトバラ(フォード) +35.0
4: ソルベルグ(フォード) +56.1
5: オストベルグ(フォード) +2'32.1
6: タナク(フォード) +2'47.6
7: ランタネン(フォード) +4'51.7
8: ケトマー(フォード) +6'01.9
9: プロコップ(フォード) +6'04.3
10: オジェ(VWシュコダ) +8'46.0

ヒルボネン(2012年フィンランド) セバスチャン・ローブ