第4戦は不運のアクシデントによりリタイアした本山/クルム組のGT-R、GT-R勢の巻き返しはあるのか

SUPER GT 第6戦(9月8〜9日)に向けたGTアソシエイション主催の公式合同テストが、富士スピードウェイで8月9日と10日の2日間の日程で行なわれる。同テストに、GT500クラス15チーム、300クラス13チームが参加する。

第4戦終了時のGT500クラスのドライバーポイントは、「ZENT CERUMO SC430」の立川祐路/平手晃平組が44ポイントでトップ、続いて「DENSO KOBELCO SC430」脇阪寿一/石浦宏明組と「RAYBRIG HSV-010」の伊沢拓也/山本尚貴組が38ポイントで並んでいる。

GT300クラスは、「エンドレス TAISAN 911」の峰尾恭輔/横溝直輝が39ポイントでトップ、続いて「GSR 初音ミク BMW」の谷口信輝/片岡龍也組と「GAINER DIXCEL R8 LMS」の田中哲也/平中克幸組が35ポイントで並んでいる。

まだまだ混戦模様の今シーズンのSUPER GT、勝利を挙げられていないGT-R勢の巻き返しにも期待がかかる。第5戦鈴鹿をはさみ、第6戦は今シーズンの王者を占う上で重要な一戦となりそうだ。なお、今回の公式テストは一般の観戦も可能、当日はピットウォークなども実施されドライバーやレーシングカーを間近で見ることができる。

現在ドライバーランキングトップの「ZENT CERUMO SC430」立川祐路/平手晃平組 現在38ポイントの「DENSO KOBELCO SC430」脇阪寿一/石浦宏明組 現在38ポイントの「RAYBRIG HSV-010」伊沢拓也/山本尚貴組 SUPER GT 富士で公式テスト開催