チームレスポンスはプリウスG'sで参戦したが…《撮影 北島友和》

8月5日、富士スピードウェイでハイブリッドカーによる真夏の2時間耐久レース“Eco Car Cup 2012”夏大会が開催された。同レースに『プリウス』や『CR-Z』など56台のハイブリッドカーが参加、2時間の耐久レースの中で「速さ」と「燃費の良さ」を競った。

レースは、普段SUPER GTなどが開催されるレーシングコースを舞台に、「最低周回数31周」、「最速ラップ3分15秒以下」、「最低3回のピットイン」などのルールのほか、ナビゲーターが同乗しドライバーと一体となった走行が求められるラリー競技の要素も盛り込まれ、燃費だけを意識したエコランや、順位を狙う速さだけでは勝てない仕組みで、チームの総合力が試される。

参加車両も、無改造の「ノーマルクラス」やハイブリッド専用設計でない「アシストクラス」から、ナンバー付きで一部改良を認めた「エキスパートクラス」、ナンバー無しで競技用の「スーパーハイブリッドクラス」まで、幅広い車種が参加していた。

晴天に恵まれ気温がグングン上昇していく中、レースは正午にスタート。燃費をよくするためエアコンをOFFにして参加するチームも多数いて、皆汗だくになりながらレースを戦った。そんな2時間の耐久レースを征したのは、ZVW30型プリウスで参戦した「チームプリ友」。レースでの順位は5位、給油量の少なさで2位といずれも好成績を残し総合優勝した。

総合2位はZE2型インサイトで参戦した「童夢レーシングチーム」でレース順位12位、燃費で8位、総合3位はZE1型インサイトで参戦した「GANJA_BABY」でレース順位18位、燃費で4位という結果であった。

ZVW30型プリウスで参戦した「チームプリ友」が総合優勝 Carbon Tras with XaCAR《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 優勝はZVW30型プリウスで参戦した「チームプリ友」、2位はZE2型インサイトで参戦した「童夢レーシングチーム」、3位はZE1型インサイトで参戦した「GANJA_BABY」 ハイブリッドカーによる真夏の2時間耐久レース…エコカーカップ ハイブリッドカーによる真夏の2時間耐久レース…エコカーカップ ハイブリッドカーによる真夏の2時間耐久レース…エコカーカップ ハイブリッドカーによる真夏の2時間耐久レース…エコカーカップ eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》 eco car cup 2012《撮影 北島友和》