3日午前5時50分ごろ、群馬県前橋市内の市道で、交差点を進行していたバイクと乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた男性が死亡。警察は乗用車を運転していた25歳の男を現行犯逮捕している。

群馬県警・前橋東署によると、現場は前橋市天川大島町付近で片側1車線の直線区間。交差点に信号機は設置されていない。乗用車は一時停止標識を無視し、減速しないまま交差点へ進入。右方向から交差進行してきたバイクと出会い頭に衝突したものとみられる。

衝突の弾みでバイクは転倒。運転していた同市内に在住する43歳の男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因で約9時間後に死亡。警察は乗用車を運転していた同市内に在住する25歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

警察では乗用車側が一時停止を怠り、速度を落とすことなく漫然と交差点へ進入したことが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。