ホンダ CRF450R

ホンダは、水冷4サイクルエンジン搭載の市販モトクロスマシン『CRF450R』をフルモデルチェンジするとともに、『CRF250R』の仕様の一部を変更し、2013年型モデルとして10月2日に受注期間限定で発売する。

CRF450Rは、開発コンセプトを「MX Revolution モトクロス革命」と定め、さまざまな走行シーンで高い操縦性を誇る新世代のモトクロスマシンを目指した。

車体は、新設計のアルミツインチューブフレームとフロントフォークエアサスペンションを採用。エンジンは、新形状のピストンや吸・排気ポートの形状変更など多岐にわたり仕様の変更を施した。また、消音効果とマスの集中化に寄与するショートタイプのデュアルマフラーを新たに採用することなどで、総合性能を一段と向上させた。

CRF250Rは、マフラーの内部構造を新設計することで、優れたドライバビリティーと高い消音性能を実現。車体では、倒立タイプのフロントフォークの仕様を変更するとともに、新パターンのフロントタイヤと、内部構造を見直し軽量化を図ったリアタイヤを採用し、高い路面追従性と安定感のある走行性能を獲得した。

両モデルともに、車体色にはホンダのモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、躍動感あふれるスタイリングとしている。

価格はCRF450Rが87万1500円、CRF250Rが72万4500円。受注期間は8月3日から12月10日まで。

ホンダ CRF450R ホンダ CRF250R ホンダ CRF250R ホンダ CRF450R エア圧調整バルブ ホンダ CRF450R 新形状ピストン ホンダ CRF450R ストリップ写真 ホンダ CRF450R ショートデュアルマフラー ホンダ CRF450R エアクリーナーボックス ホンダ CRF450R フロントフォークエアサスペンション ホンダ CRF450R アルミツインチューブフレーム ホンダ CRF450R スイングアーム ホンダ CRF450R ワイドフットペグ