ソニー損保 2012年お盆帰省に関する調査

ソニー損保保険は2012年7月5日〜10日の6日間、20代〜50代の自家用車を所有し、自分で運転しており、今年のお盆に帰省する予定がある男女に対し「お盆の帰省に関する調査(2012年)」をインターネットリサーチで実施し、1000名の有効回答を得た。

有効回答者に対し、今年の帰省で利用予定の交通手段を複数回答で聞いたところ、自家用車88.6%、鉄道7.0%、飛行機2.9%となり、今年は自家用車を利用して帰省する予定を立てている人が9割弱となった。

今年の帰省で自家用車を利用する予定の886名に、帰省予定日を限定回答形式(回答は2つまで)で聞いたところ、トップは8月11日(22.7%)、続いて8月12日(18.8%)、8月13日(18.4%)。

同様に、Uターン予定日を限定回答形式で尋ねたところ、最も回答が多かったのは8月15日(20.7%)、8月14日(14.0%)、8月12日(12.3%)、8月13日 (12.1%)と続いた。

例年、帰省予定日はお盆の始まりである8月13日前後がピークとなっていたが、今年はお盆直前が土日のため、帰省予定日のピークは昨年よりも前倒しで訪れるようだ。また、帰省予定日が8月11日〜13日に分散したためか、Uターン予定日も8月12日〜8月15日に広く分散。Uターン予定日において最も多くの回答があった8月15日以外の日程では、例年よりやや緩やかなUターンラッシュになるかもしれない。

ソニー損保 2012年お盆帰省に関する調査