スバルBRZ《撮影 野口岳彦》

富士重工業が発表した2012年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が第1四半期過去最高となる4289億円と大幅増収となった。

スバル車の海外販売は、インプレッサなどの販売が好調に推移し、前年同期比54.2%増の13万5000台。一方、国内販売では、軽自動車が前年を下回ったものの、登録車はレガシィ、インプレッサの商品力強化と、今年3月に投入したBRZの上乗せなどで、同0.3%増の3万1000台。全世界合計の販売台数は、第1四半期過去最高となる同40.2%増の16万6000台。連結売上高も過去最高となる同42.8%増の4289億円となった。

収益は、新型車導入などにより販管費や製造固定費などの諸経費が増えたものの、売上高の増加により、営業利益は同62.5%増の173億円。経常利益は同63.9%増の191億円。純利益は、前年同期に本社ビル売却による特別利益261億円があったことなどにより、同42.5%減の164億円となった。

また通期連結業績見通しについては、為替の円高進行や、欧州経済の動向、国内でのエコカー補助金終了後の反動減など、不透明な要素があることから、前回5月の発表値を据え置くとしている。

スバル・インプレッサ《写真 椿山和雄》