ブリヂストンが新たな天然ゴム資源として研究活動を開始するグアユール

ブリヂストンは8月2日、パラゴムノキに代わる天然ゴム資源「グアユール」の試験農場および加工技術研究施設用地を米アリゾナ州に取得したと発表した。

今回、アリゾナ州エロイに取得した試験農場用地は約113.7ヘクタール(東京ドーム約24個分)で、多目的オフィスおよび実験棟を備える。同社は新たに建設する試験農場で、グアユールの品種改良や栽培技術、天然ゴム加工のプロセス条件の最適化を行う。着工は2012年の第3四半期を予定している。

また、天然ゴムの加工技術研究施設用地はアリゾナ州メサに確保しており、研究者と技術者合わせて32人を配置し、グアユールをタイヤ用の天然ゴムに加工する一大拠点とする。

同施設は、2013年初までに着工、2014年に本格的な稼働を開始する。天然ゴムの試験生産は2015年より開始する。

ブリヂストンが新たな天然ゴム資源として研究活動を開始するグアユール