デュトロを改良

日野自動車は8月1日、小型トラック「デュトロ」を改良して9月3日から発売すると発表した。

今回の改良では、全ての車型について従来オプション装備としていた電動格納式ミラーを標準装備とするとともに、スタンダードグレードにもAM/FMラジオを標準装備し、商品力の向上を図った。

また、132kW(180PS)エンジン搭載車型もポスト新長期排出ガス規制に対してNOxとPM排出量を10%以上低減した。これによってデュトロの全車型が低排出ガス車となる。

132kWエンジン搭載車のうち、最大積載量が4トンを超える車型は、2015年度燃費基準を達成。このほか、2013年1月から適用される灯火器に関する保安基準の改正に適合させるため後部反射器を追加装着した。

今回の改良でデュトロは132kWエンジン搭載の一部車型を除いて2015年度燃費基準達成車となった。2015年燃費基準達成車は、エコカー減税の対象となり、仕様によって自動車取得税と自動車重量税が免税または50%の減税となる。

価格はデュトロの車型TKG-XZC605M-TQMMB、標準幅キャブ、標準長ボデー、全低床、スタンダードグレードのカーゴ完成車が395万3775円。

デュトロを改良