マルチスズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》

インド新車市場でトップシェアを誇るスズキのインド子会社、マルチスズキは8月1日、7月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、8万2234台。前年同月比は9.2%増と6月の20.3%増からは鈍化したものの、2か月連続で前年実績を上回った。

8万2234台の販売台数の内訳は、インド国内が7万1024台。前年同月比は6.8%増と2か月連続で増加した。輸出は1万1210台。前年同月比は27.4%増と、2か月続けての前年実績超えだ。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『エスティロ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『Aスター』などが、合計で5万6851台を販売。前年同月比は8.3%増と、2か月連続のプラスとなった。

一方、Aセグメントの下に位置するCセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が6879台を販売。前年同月比は48.6%減と、13か月連続で落ち込む。

SUVやMPVなどのBセグメントでは、新型コンパクトMPVの『エルティガ』を4月に投入した効果が出て、トータルで7294台を販売。前年同月実績に対して、11倍以上もの伸び率を記録している。

マルチスズキのマネサール工場では7月18日、従業員による大規模な暴動が発生。工場は設備が破壊されたため、現在も操業を停止している。7月のインド国内の新車販売の伸び率が、6.8%増と低成長にとどまったのは、その影響が大きい。

スズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 スズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》