BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識

BMWの二輪部門、BMWモトラッドは7月27日、BMW『HP4』の概要を明らかにした。

HP4はBMWの高性能バイク、『S 1000 RR』をベースに、さらなるパフォーマンスを追求したモデル。「HP」とは、BMWモトラッドが2005年から展開している新シリーズで、ハイ・パフォーマンスを意味している。

新登場のHP4は、主にモータースポーツでの使用を想定して開発。その特徴装備は、DDC(ダイナミック・ダンピング・コントロール)と呼ばれる電子制御ダンパーだ。路面状況や速度などに応じて、最適な減衰力を発揮し、最高のトラクション性能を引き出す。

さらに、S 1000 RRに採用されたレースABSには、HP4では「IDM」(ドイツ国際スーパーバイク選手権)の名を冠したセッティングを追加。プロフェッショナルユースへの対応が図られた。

排気量1000ccの4気筒エンジンは、S 1000 RR同様に最大出力193psを発生。ただし、中速域でのトルクを増す専用チューニングが施された。また各部の軽量化により、車両重量は199kgに抑えられている。

BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識 BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識 BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識 BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識 BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識 BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識 BMWモトラッド、HP4発表…モータースポーツを意識