7月29日午後0時5分ごろ、群馬県安中市内の国道18号を走行していたバイクが別のバイクと接触して転倒。ガードレールに衝突する事故が起きた。運転していた38歳の男性は収容先の病院で死亡している。

群馬県警・安中署によると、現場は安中市松井田町入山付近で片側2車線の緩やかなカーブ。東京都八王子市内に在住する38歳の男性が運転するバイクは第2車線から第1車線へと車線変更した際、左側を走行していた別のバイクと接触。弾みで転倒し、そのまま道路左側のガードレールに衝突した。

この事故で男性は頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、約1時間30分後に死亡した。被接触側のバイクを運転していた37歳の男性にケガはなかった。

死亡した男性は仲間19人とツーリング中。調べに対し、被接触側バイクを運転していた男性は「急に車線変更してきて、避けることもできずに接触した」などと話しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。