7月29日午後1時50分ごろ、大阪府摂津市内の府道で、逆走してきた軽ワゴン車を避けようとしたバイクが転倒。運転者が死亡する事故が起きた。クルマはそのまま逃走したが、警察は翌30日に28歳の男を逮捕している。

大阪府警・摂津署によると、現場は摂津市三島1丁目付近で片側2車線の一方通行路。軽ワゴン車は道路沿いの施設駐車場から右折進出して逆走を開始。順走してきたバイクがこれを避けようと急ハンドルを切ったところ、バランスを崩して転倒した。

この事故でバイクを運転していた守口市内に在住する52歳の男性が全身強打でまもなく死亡。バイクとクルマが直に接触したわけではないが、クルマが現場から逃走したため、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

目撃情報などから、警察は大阪市内に在住する28歳の男が容疑に関与したものと判断。任意で事情を聞いていたところ、現場を通行していた件については認めたことから、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

調べに対して男は逆走について認めているものの、「事故を起こした覚えは無い」と容疑を否認しているようだ。警察ではバイクの走行を妨害したことが事故につながったものとみて、自動車運転過失致死容疑でも調べを進める方針だ。