鹿児島市七ツ島メガソーラー発電所(仮称)建設予定地(完成予想図)

京セラは、出資会社6社と共に、国内最大となる70MWの太陽光発電事業を実施するための事業運営会社「鹿児島メガソーラー発電」を設立し、7月31日、出資手続きを完了したことを発表した。

出資会社は、京セラ、KDDI、IHI、九電工、京都銀行、鹿児島銀行、竹中工務店の7社で、資本金は約43億円。代表取締役社長には、京セラ副社長の前田辰巳氏が就任する。

新会社は、IHI保有の鹿児島市七ツ島の土地において出力70MWの太陽光発電事業を展開し、九州電力への電力供給を行う。年間発電量は、一般家庭の約2万2000世帯分に相当する約78.8MWh。

同事業の総投資額は約270億円で、7社による出資金と、みずほコーポレート銀行のアレンジによるプロジェクトファイナンスにて調達する予定。同発電所は今年9月着工、来年秋ごろの完成を目指す。

京セラwebサイト