「Microsoft Wedge Touch Mouse(マイクロソフト ウェッジ タッチ マウス)」(型番:3LR-00008)

■マイクロソフト、平面形状のスタイリッシュモデルなどタッチマウス2機種……Win 8・7やMac対応

 日本マイクロソフトは31日、上下左右の4方向にタッチスクロールできるタッチマウスの2機種を発表した。販売開始は9月7日。

 希望小売価格は、「Microsoft Wedge Touch Mouse(マイクロソフト ウェッジ タッチ マウス)」(型番:3LR-00008)が6,930円、「Microsoft Sculpt Touch Mouse(マイクロソフト スカルプト タッチ マウス)」(型番:6PL-00007)が4,935円。

 両製品はBluetoothワイヤレスマウス。Windows 8/RT/7と、Mac OS X 10.6〜10.7に対応する。

■2ボタン式「Microsoft Wedge Touch Mouse(マイクロソフト ウェッジ タッチ マウス)」(型番:3LR-00008)

 同製品は、本体上面がフラットでマウスに見えないスタイリッシュなモデル。タッチストリップで上下左右に指先を滑らせることで4方向にスクロールすることが可能。指先を素早く動かす(フリック)操作で高速スクロールにも対応する。

 水平スクロールなど一部の操作を除けばAndroid端末でも利用可能。2ボタン式で、読み取りセンサーには「BlueTrack Technology」を採用。Bluetooth 3.0対応でワイヤレスの操作範囲は10m。読み取り速度は8,000fps、解像度は1,000dpi。バッテリは単3形乾電池1本で、電池寿命の目安は約4ヵ月。

 本体サイズは幅61×高さ21×奥行き55mm、重さは約54g(乾電池を除く約30g)。

■5ボタン式「Microsoft Sculpt Touch Mouse(マイクロソフト スカルプト タッチ マウス)」(型番:6PL-00007)

 同製品は、一般的なマウスでスクロールホイールの位置にタッチスクロールストリップを搭載したモデル。タッチスクロールストリップで指先を縦に滑らせることで縦スクロール、横に滑らせることで横スクロール、素早く滑らせることで高速スクロール(縦横対応)が行なえる。

 左右の2ボタンに加えて、タッチスクロールストリップは上部/中央部/下部の3ヵ所でクリックに対応するクリックボタン機能を装備。「戻る」「進む」などよく使う機能を割り当てることができる。

 読み取りセンサーには「BlueTrack Technology」を採用。Bluetooth 3.0対応でワイヤレスの操作範囲は10m。読み取り速度は8,000fps、解像度は1,000dpi。バッテリは単3形乾電池2本で、電池寿命の目安は約9ヵ月。

 本体サイズは幅65×高さ33×奥行き96mm、重さは約110g(乾電池を除く約87g)。

「Wedge Touch Mouse」のタッチストリップのイメージ 「Wedge Touch Mouse」の底面 「Microsoft Sculpt Touch Mouse(マイクロソフト スカルプト タッチ マウス)」(型番:6PL-00007) 「Sculpt Touch Mouse」のタッチスクロールストリップのスクロール操作のイメージ 「Sculpt Touch Mouse」のタッチスクロールストリップのボタン操作のイメージ