ホンダ・N BOX+(参考画像)《撮影 山本一雄》

ホンダが7月31日に発表した2013年3月期の第1四半期(4−6月期)連結決算は、東日本大震災の打撃を受けた前年同期から4輪車販売が大幅に回復、営業利益は7.8倍の1760億円となった。

グループの4輪の販売は、日本と北米がほぼ2倍となり、グローバルでは60%増の99万9000台となった。2輪は13%増の391万1000台だった。

営業損益段階では円高による減益影響が197億円となったものの、販売増による増益効果が1743億円に及んだ。売上高は42%増の2兆4359億円、純利益は4.1倍の1317億円だった。

池史彦専務は、通期の連結営業利益予想6200億円(前期比2.7倍)に対し、「第1四半期の業績に大きな乖離はない。基本的にオンラインで進んでいる」と評価した。このため、「経済情勢の不透明感や為替影響などはあるが、通期の予想は据え置く」とした。想定為替レートについても、期初時点の1ドル80円、1ユーロ105円を維持している。

ホンダ・N BOX(参考画像)《撮影 内田千鶴子》