鈴鹿8耐、ブリヂストンタイヤ供給チームが7年連続優勝

ブリヂストンは、鈴鹿8時間耐久ロードレースで、同社がタイヤを供給するチームが2006年から7年連続で優勝したと発表した。

7月29日に鈴鹿サーキットで開催された「2012FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース第35回大会」で、同社がタイヤを供給する「F.C.C. TSR ホンダ」の秋吉耕佑/ジョナサン・レイ/岡田忠之組が優勝した。

また、ブリヂストンタイヤを装着する「TOHOレーシング with モリワキ」の山口辰也/高橋裕紀/手島雄介組が2位に入賞、ブリヂストンタイヤ装着チームが1-2フィニッシュとなった。

F.C.C. TSR ホンダの藤井正和監督は「鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、タイヤが勝敗を分ける重要な要素になっており、タイヤメーカーの競争の場となっており、その中で、我々はブリヂストンと共に戦った結果、優勝できて嬉しく思う。これからもブリヂストンが世界でレースの足元を支えていってほしい」とコメント。

一方、併催して前日に行われた「2012鈴鹿・近畿選手権シリーズ第4戦鈴鹿4時間耐久ロードレース」では「Boon Siew ホンダ・レーシング・マレーシア」のモハマド・イメールフィルダウス・ビン・ハサン/モハマド・ザクゥワン・ビン・ザイディ組がブリヂストンタイヤ「BATTLAX RACING R10 EVO」を装着して優勝した。

鈴鹿8耐、ブリヂストンタイヤ供給チームが7年連続優勝